仕事の確保が肝心

都市部では住居費が高騰しており、生活費が多くかかる原因となっている。生活を維持するためには、高収入の職場にしがみつかなければならない。そのようなことから、ストレスを抱えたまま生活している人が多いのだ。
スローライフを送れる地方移住を考えた時に、もっとも懸念されるのは生活費不足だろう。仕事を求めて都会へ出てきた人にとって、地方は仕事がないイメージを持つ人が確かに多い。それは、正社員の仕事しか探していないことが原因で、アルバイトの求人数は寧ろ増えていることに気がついていないのだ。住居費が都市部の半額以下という地域も珍しくはなく、アルバイトで生計を立てることができるほど、住居費の安さと物価の低さが影響している。地方へ移住する前に、移住先の求人情報からアルバイト候補を多数探しておけば、後々慌てる必要がない。
アルバイトはシフトの組み方次第で残業が強制されることも少なく、趣味の時間に多くを費やすことも可能だろう。スローライフを実践できる環境さえ整えば、生活に必要な額を計算してアルバイトのシフトを入れることができる。不足時には複数アルバイトを掛け持ちしても、正社員とは異なり規制がないので自由だ。
永久にアルバイトを続ける必要はないので、正社員の求人があれば常時応募も可能だ。気に入った仕事が見つかり次第、アルバイトから正社員へ切り替えて生活をより安定させることもできる。考える時間が作れることも、田舎暮らしのメリットだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です